駐車禁止違反で捕まらないために ~罰金・点数・取締り方法を知る~

駐車違反をはじめとした交通違反や取り締まり、法律の解説サイト

HOME ≫ 交通違反の基礎知識

交通違反の基礎知識

0000130632.gif
交通違反(こうつういはん)とは、一般的には道路交通法などの交通法規違反のことを指します。

警察官のネズミ捕りに代表されるスピード違反の他、駐車違反、運転中の携帯やシートベルト、飲酒運転など、これらは全て道路交通法により定められている交通違反です。

そして、それぞれに罰金の金額や点数が定められています。

道路交通法は公道が対象

道路交通法は、公道をその対象としています。

つまり、一般の道路において、様々な規制がかけられています。

制限速度もその1つです。

しかし、公道ではない私有地は、そのような規制から外れます。

私有地は無法地帯?

0000130633.gif
じゃあ、私道、私有地では何をやっても捕まらない?

・・・かと言うと、そうでもありません。

私道であっても、人や車が自由に通行できるものは、「一般交通の用に供するその他場所」として、道路交通法上の「道路」とみなされます。

例えば、スーパーの駐車場。これは誰でも出入りできるので、公道扱いとなります。

道路交通法の対象外となる私道とは、サーキットのように、一般の人が自由に出入りできない場所にあるものを指します。

なるほどー、という感じですね。

スーパーの駐車場などにある標識について

大きな駐車場になると、止まれや一方通行、速度制限などの標識があります。

これらの標識は、店が独自に取り付けた標識なので、道路交通法上の効力はなく、違反しても罰金や点数は関係ありません。

取締りの対象となる標識は、公安委員会が設置したものに限られます。規制標識の設置権限は公安委員会にあり、公安委員会以外のものが勝手に設置しても、その標識は無効になります。


モバイルサイト

駐車禁止違反で捕まらないためにモバイルサイトQRコード

駐車禁止違反で捕まらないためにモバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!