駐車禁止違反で捕まらないために ~罰金・点数・取締り方法を知る~

駐車違反をはじめとした交通違反や取り締まり、法律の解説サイト

HOME ≫ 駐車違反の抜け道

駐車違反の抜け道

0000130638.gif
駐車違反といえば昔は「ワッカ」でした。

主にサイドミラーに、アクセサリーのようにガッチリ取り付けられていました。

車をとめ、用事を済まして帰ってくるとワッカが付いていた・・・で、ガッカリしたことのある人も多いかと思います。

このワッカは簡単に外れるものでもなく、且つ、目立つところに付けられるので、なかなか恥ずかしく、早く罰金を払って取り外してもらおうと思ったものです。
 
しかし、中には不届きな輩もいるもので、このワッカを勝手に外したり、さらには「この車を借りた人が駐車違反したんだ」と言い逃れするケースがありました。そして、このような逃げ得があったのは事実です。
 
それが今では、ステッカーを貼り付けるタイプに替わりました。
 
ガッチリしたワッカからステッカーへ。一見、「ユルくなった」ように見えます。
 
が、実際は逆です。

車の持ち主に反則金が回ってくる

「車を借りた人が勝手に止めた、私は知らない」
 
このようなケースでも、車の持ち主(車検証の記載者)に反則金(放置違反金)を請求できるようになりました。
 
つまり、違反者だけではなく、車の持ち主にまで反則金が回ってくるようになりました。
 
これにより、反則金の逃げ得はなくなりました。
 
しかし・・・

反則金からは逃げられないが、点数逃れはできる

最終的に車の持ち主が反則金を払うのは避けられません。
 
しかしこのとき、「点数」は加算されません。
 
つまり、「反則金からは逃げられないけれど、点数から逃げることはできる」ということです。
 
結局お金払うんだから一緒では?と思われるかもしれませんが、点数が加算されなければ累積で免停になることがありません。
 
他の違反で点数がたまっている場合、これは非常に大きいポイントとなります。
 
なお、この方法を推奨しているわけではありません。あくまで、今はこういう仕組みになっているのだ、ということです。


モバイルサイト

駐車禁止違反で捕まらないためにモバイルサイトQRコード

駐車禁止違反で捕まらないためにモバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!